話題・ニュース

永山瑛太の改名理由は?フジTV永山プロデューサーの関係も気になる

 

2019年のクリスマスの日。俳優の瑛太さん(37)が、芸名を「永山瑛太」に改めるというニュースが入って、話題になっています。

これまで、あえて名字を外してきた経緯もあり、なぜいま?と不思議がる声も聞こえてきます。

なぜ改名に至ったのか、そして「永山」という名字をなぜいままで外してきたのかを見ていきたいと思います。

瑛太から永山瑛太へ。その芸名変更の理由は?

すでにSNSなどでは話題になっていたようですが、2019年12月25日に更新された公式サイトで、これまでの「瑛太」から「永山瑛太」への芸名変更が伝えられました。ちなみに「永山瑛太」は本名です。

その理由として公式サイトでは、

(改名については)「以前から考えてきました。俳優としてまだまだ未熟者ですが、令和になったという節目の年に本名でやっていきたいという思いに至りました」

という説明をしていて、ずっと考えていたことであると表明しました。

それ以上の公式な説明はありませんが、最初に「瑛太」と名前だけを使いはじめたのは、フジテレビのプロデューサーとして知られる永山耕三氏との関係を取り沙汰されるのを避けるため、という話も伝えられています。

もともとはモデルの「EITA」としてスタート。そこから「瑛太」へと脱皮(?)した永山瑛太さん。30代後半となり、すでに木村カエラさんとの結婚で2人の子供ももうけた瑛太さんが「大人」としてこれからのキャリアを意識した。あるいは実弟の永山絢斗さんはそもそも「永山」姓を名乗っており、名字がないことに違和感が出てきたからではないか、という憶測もあります。

ホントのところはどうなのか。本人の言葉を待ちたいところです。

永山瑛太とフジテレビ永山耕三プロデューサーとの関係は?

永山耕三さんは、フジテレビのプロデューサーで、『東京ラブストーリー』『ひとつ屋根の下』『ロングバケーション』など、ヒットドラマの数々を生みだしてきた立役者。映画のプロデュースや作詞なども手がける才能豊かな方です。

これはすでに明らかになっていることですが、永山瑛太さんと永山耕三さんとは縁戚関係にはありません。

名字が同じだけなら、「永山」姓は珍しいものではありませんし、特に関係を取り沙汰されることもないはずですが、実は永山耕三プロデューサーの娘さんがIT企業サイバーエージェントのAmeba(アメーバ)事業部を率いてきた永山瑛子さん、ということもあり、「瑛太」さんと「瑛」の字が重なることで、よりウワサされやすいという事情もあったとか。

芸能界、テレビ業界も、なにしろウワサのネタは誰もが探していますので、そういったことに敏感になるのも仕方がないかもしれませんね。

おわりに 「永山瑛太」としてどう変化していくのか

2020年1月初頭のドラマ『あしたの家族』への出演から、「永山瑛太」として新しい旅立ちをする瑛太さん。

まさに家族ができ、子供が2人になり、そして時代も「平成から令和へ」と変化していくなかで、これからの俳優としての自分のあり方、未来の自分像のようなものをまた新しく描き直したかったのかもしれませんね。

年齢的にもこれまでとは違った演技を求められてくるはず。これからの「永山瑛太」さんの仕事ぶりに期待したいところです。

最後までご覧いただきありがとうございました!