話題・ニュース

新天皇・即位の礼|海外の反応は?伝統の儀式が世界に配信される

2019年(令和元年)10月22日、徳仁天皇が正式に即位したことを内外に発表する「即位の礼」が執り行われました。

日本ではテレビ各局が中継で伝える一大ニュースになりましたが、海外のメディアでも非常に貴重な出来事ということで大きな話題になっています。

その様子を順次、ご紹介していきます。

英国の反応:BBC Newsの報道は?

エリザベス女王という国王を象徴に掲げる英国。その公共放送機関であるBBCは、日本の天皇の即位を国際ニュースのかなり上位で映像と合わせて報道しています。

徳仁:日本の天皇、伝統的な儀式で即位を宣明

天皇徳仁、その妻・皇后雅子は、日本の首都である東京で行われた入念に執り行われた式典で、それぞれの即位を宣明した。

天皇陛下が正式なおことばを読み上げたあと、安倍晋三首相が祝辞(寿詞)を述べて「天皇の万世」を祈る「万歳、万歳!」の叫びで締めくくられた。

BBCの記事はこちら

 

フランスの反応: Le Monde ル・モンドの報道は?

世界でも日本への関心が比較的高いフランスでの反応を新聞社Le Monde (ル・モンド)で見てみましょう。こちらも国際ニュースの大きな話題として取り上げています。ル・モンドの記者Philippe Mesmer氏は日本の文化や政治などに詳しく、表現が正確かつ豊かです。

日本の新天皇・徳仁、世界に現す。

日本の126代天皇である徳仁は、菊の紋章の皇位に就いたことを宣明した。神道信仰に根づく伝統的な儀式を解読する。

日本国民は10月22日、荘厳な儀式の中で行われた新天皇の皇位即位の宣明に立ち会った。徳仁は5月1日に126代天皇となり、2500人もの日本あるいは外国の賓客の臨席のもと、菊の紋章の皇位に就いたことを公式に宣言した。

見出しのあとで事細かに「即位の礼」の内容が語られていますので、順次翻訳を掲載していきます。

ル・モンド紙の記事はこちら

万歳三唱には笑いも・・・

ニュース専門チャンネルBFM-TVでも3分超の解説付きで「即位の礼」の映像を報道。安倍首相のやや唐突な「万歳三唱」には司会者も失笑・・・

なぜか、サルコジ元大統領を特使に

またフランスからは元大統領のニコラ・サルコジ氏が「饗宴の儀」などに参列するため来日しています。大統領在職時の汚職に関する裁判などで必ずしも評判のよくない方ですが、フランスの公共ニュースFrance Interはこれをちょっと揶揄した言い方で報道。

ニコラ・サルコジ氏が日本の天皇の即位のためフランスを代表して訪日中。しかし誰の名の下で?もちろんエマニュエル・マクロン(現大統領)の名のもとに。

 

中国の反応:中国外務省報道官「両国関係が良くなることを望む」


日本の天皇の即位の礼に際して、中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は記者会見で、「中国は天皇陛下について当然期待しており、未来の両国関係がさらに良くなっていくことを望む」と述べました。 (訳文はNHKニュースより引用)

一方でこんなニュースも

(その他各国の報道は順次更新していきます)