話題・ニュース

田口淳之介全国ツアー中止を決定!払い戻し・返金そして今後は?

元KAT-TUNで5月に大麻取締法違反で起訴され、6月7日に保釈された田口淳之介被告が、自身の公式ホームページでこの7月から予定されていた全国ツアーの中止を発表して、また注目をあびています。

逮捕されてから、すでに決まって準備も進んでいた全国ツアーをどうするのかと話題になってきましたが、ようやく本人と事務所の側から「中止」と決定が出たことで、またいろいろと世間をお騒がせ、そして会場やプレイガイドなどでは対応に追われることになりそうです。

中止の決定で払い戻し・返金はどうなるのか。そして田口被告の今後はどうか。いろいろと気になるこれからについて調べてみました!

田口淳之介 全国ツアー中止について本人名義の発表内容

逮捕以来、アクセスできない状況または「只今準備中」の文字だけがあった田口淳之介事務所(株式会社Immortal)のホームページに、下記のように全国ツアー中止に関する本人の言葉が掲載されています。他のページはない状態です。

 

発表の要点は以下のようになります。

●弊社代表を務める私、田口淳之介が検挙されたことを深くお詫び申し上げる
●しばらくの間、私自身の芸能活動を休止させていただく
●予定していた田口淳之介ライブツアー2019「COSMOS CITY」については中止とさせていただきたい
●罪を償いしっかりと更生することで一日も早く皆様方のご信頼を取り戻せるよう懸命に努力をしていく所存である

ということで全国ツアー「COSMOS CITY」が中止になることを正式に発表していますが、この中ではキャンセル、払い戻し、返金の言葉はなく、この点について不明瞭なままになっています。

田口淳之介全国ツアー中止でチケット会社の対応

<チケットぴあ>の現在のライブツアーページの状況です。

田口淳之介が容疑者として検挙されて以来、ライブツアーの行く末がどうなるのか関係者が注目していました。しかし田口淳之介本人が事務所の社長で、恋人の小嶺麗奈容疑者が役員を務めていたことから、ツアー中止を決定するべき人物が不在だったということもあり、その後の対応なども決定していなかったという経緯があったようです。

チケットぴあなど販売サイトでは「ツアー中止」を発表できず、「予定枚数終了」という状態にして、チケットの販売を休止していたということのようです。つまり実際には「予定枚数終了」ではない可能性があります。

チケットぴあでは、

通常アーティストの急病や天候不良など「興業主催者」の都合により公演が中止・延期となった場合の払い戻しはチケットの引き取り方法などにより手続きが異なります。

と記載されていますが、今回の田口容疑者の中止については、まだ何の発表もされていません。おそらく事務所で今後の対応を決めてからの手続きとなるでしょう。

 

田口淳之介容疑者は金欠でキャンセル料を払えない、という報道も。

 

通常の場合は、所属事務所やレコード会社などが中止、延期などを決定し、払い戻しの案内を行います。ただし前述の通り、田口淳之介の個人事務所は本人が社長、小嶺容疑者が役員という事情があり、すでに業務が停止状態でした。

田口淳之介はソロデビュー後ファンが減少し、ユニバーサルミュージックにも契約を切られてしまったため、すでに活動に伴う資金は出ていく一方だったと報道されていました。

すでに7月にはツアーが始まろうかというギリギリの時期。ツアーを中止すれば、会場や関連企業へのキャンセル料支払などは事務所に大きな負担がかかることは間違いなく、そうなると破綻の可能性も考えられます。

いろいろと前後策を検討してからの「ツアー中止決定」だとは思いますので、今後の対応が気になります。

 

田口淳之介全国ツアー中止に対する口コミは?

それでもファンは強い!!

一方で厳しい指摘も・・・

田口淳之介の今後はどうなる? まとめ

以上、田口淳之介容疑者の「全国ライブツアー中止」についての発表とその影響について見てきました。

田口容疑者は5月22日に逮捕された後、6月7日に東京湾岸署から保釈されています。保釈金は田口容疑者、小嶺容疑者それぞれ300万円だったとされ、これを払う代わりに東京地裁によって一時的な釈放が認められ、所轄警察署である東京湾岸署から出てきたということになります。

これによって、さまざまな今後の動きを決定していく中で、もっとも直近で緊急性の高い「コンサートの中止」という決定をまずしたのだと思われます。「中止」と決定したことで、今日からチケット販売サイトや各会場が対応をはじめていきます

もうおそらく事務所と関係者のあいだでは発表前に何かしらの話ができている可能性もありますので、実際の払い戻しなどについての対応は随時行われていくものと思われます。

ただし、これだけのツアーをキャンセルするとなれば相当な違約金などがかかる可能性もあり、それをどう事務所が負担していくのか、また田口容疑者本人の捜査はどう進展し、どういう処分、判決が出てくるのか、まだまだ気になるところです。

こちらでも引き続き見守っていきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!