観る・buy・コト

なぜ詰め替え用ティッシュは派手なのか? TA+d |Tent折り紙ティッシュBOX

詰め替え用テイッシュって詰め替え用なのに華やかで、派手なパッケージがおおいですよね。

それって何故なのか?を考えたことがありますか?

本来は、その名前と使用目的の通り、コスト削減、そしてecoにもつながるということで利用・使用されている方が多いはずです。

今回は、それら問題点とそういうことを解決する糸口になる様な商品がありましたので合わせて紹介していきたいと思います。
※Youtube動画を再生すると広告表示がでることがあります
私はyoutubeによる広告収益は一切受け取っておりません(プログラム不参加)
これはyoutubeの規定変更によるもので、過去含めyoutubeを再生すると勝手に広告を表示できる様にしたせいです。(この広告費はどこへ・チリも積もればで莫大な金額だと思いますが・・これについても機会があれば記事にしたいと思います。)

詰め替え用ティッシュが派手な理由

これは、ずばり販売する為です。
つまり、質素・シンプルなパッケージでは売れないからです。
※泥付きの大根よりも綺麗な白い大根 曲がったキュウリよりも、まっすぐなキュウリの方が売れるということと同じです。

ecoを考えたいけど、身近に置いてあり頻繁に使用するティッシュなので、やっぱり見栄えするパッケージの方がいいと思うのは当然です。

また、詰め替え用ティッシュケース・BOXなども数百円くらいで多くの商品がありますが、はっきりいって詰め替えの延長視点でしかなく、ほとんどが単なる長方形の箱や覆うだけの布という状態です。

これじゃケース代が安く数百円だったとしても、見栄えのするデザインパッケージのまま使った方がいいと思ってしまう方が多いのもうなずけます。

問題なのは、すでにご存知の方も多いかと思いますが、パッケージデザインが素晴らしいということは、印刷だけではない様々なコストが掛かっていて、それは定価にも反映します。

もし単色で”製品名だけ”とか、透明パッケージにシールを貼っているだけならもっと定価は低くなります。
もっと安く購入できて、さらにコスト削減できているということです。
もしくは同じ値段なら枚数が多くなるか紙品質をもっとよくすることができてます。

どちらも大歓迎ですよね。

そういう消費者の不満を解消する道筋となる様な、商品がありますので紹介します。
開発したのは、台湾の有名なハイデザイナーメーカーのTA+d(TreAsia Design)です。

それでは、次にその商品はどういうものかを紹介していきます。

TA+d Tent 折り紙ティッシュBOXの特徴

簡単にまとめると3つの特徴があります。

  1. デザイン性
  2. 機動性
  3. SDGs観点素材

デザイン性

洗練されたデザインの商品を数多く創出しているTA+dだけあり、日本国内で流通している単なる長方形とは、まったく違いますね。

どの角度からみても映える様に計算され設計されています。

機動性

折り紙という名前の通り、最初はフルフラット形状から折り目をつけて、洗練されたデザインを完成させればあとは瞬間ワンタッチで収納できます。

なので、たとえばキャンプなどのアウトドアや、子供会などの会合でも使いたいという時には、折り畳んでフルフラットに戻し、かさばらず簡単に持ち運び使用できます。

今、注目のSDGS素材

ここのポイントが結構重要だとおもいました。

素材は”紙”ですが、単なる紙ではありません。

Washable kraft paperという高級紙素材です。

この素材は、天然成分植物由来のセルロースが原料です。

よく問題になっている脱炭素社会を目指すための素材として、SDGs観点からも注目を浴びている素材です。

その名前の通り、丈夫で洗うことも可能なのと独特の質感と風合いがあるため、ジーンズのブランドパッチ部分にも使用しているくらいです。
※リーバイスの紙パッチは有名ですね。

そういう素材からこの商品を創ったところが流石、TA+dです。

デザイン・機能性だけではなく環境にも配慮しつくられているという点も推しポイントです。

素材が紙なので何より軽く、柔軟性もあります。
大きさが2種あるのですが、一般的な市販品のティッシュであれば、スリムタイプでほぼ100%の商品を収納できます。

ティッシュサイズより大きいンドペーパーや、本来の使用法ではないですが、箱ティッシュをい入れたいという場合は標準タイプで対応は可能です。

参考画像です。

素材の柔軟性と磁石を利用したマグネットロック方式のため、通常タイプのホルダーでしっかりと収めることができました。

また、元々が”洗える紙”素材なので、汚れても水拭きできることもポイントです。
※特殊形状加工と磁石を内蔵接着させてますので、水にじゃぶじゃぶ浸しての水洗いはできません。

どうだったでしょうか?

この素材と形状からも今後日本国内にどんどん浸透していくヒット商品になりそうです。

その様な流れが大きくなれば、ペーパー業界もパッケージよりも【中身】にもっと視点を移し、よりecoな製品を多く販売してくるようになります!

2022年4月29日までMakuakeにて日本初上陸先行予約販売中です。
是非使ってみてください。

Makuakeプロジェクトページ

商品紹介HP

http://tent.skyhtb.com/

ABOUT ME
SG
多様性の現在、幅広い趣味嗜好のどこかにマッチするべく、役に立つことや知見をひろげることに少しでも貢献できる記事を目指し情報発信してます。 今後ともよろしくお願い致します!