CM

カネボウCM2020眉毛の繋がった女性は誰?実は世界的モデル!

 

2020年版のカネボウ化粧品の新しいブランドCMで、凛とした顔立ちで眉毛の繋がった一際目立つモデルさんは誰?と話題になっています。

最近、一部の女性のあいだでは「太眉ブーム」とまで呼ばれるような、あえて眉を濃くするようなメークも流行っていますが、このCMに出てくるモデルさんは「ザ・太眉」。左右の眉が一本につながってしまっています。これってあり??

彼女、実は世界的に有名なモデルさんなんです。

この女性が誰なのか、なぜ太眉&一本眉を貫くのか、見ていきたいと思います。

カネボウCM2020に出演している一本眉の女性は誰?

先に答えを出すと、ソフィア・ハジパンテリというアメリカのモデルがその正体です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

who lives in darkness but glows with light that radiates from the soul 🙏🏼

Sophia ☠️🧿🇨🇾(@sophiahadjipanteli)がシェアした投稿 –

ソフィア・ハジパンテリ(Sophia Hadjipanteli)

  • 1996年5月25日生まれ
  • アメリカ出身
  • メリーランド大学卒業
  • B89.W66.H96.5

メリーランド大学ではマーケティングを学ぶ傍ら、モデルとして活動。

さて、そんな見た目のインパクトが強いソフィア・ハジパンテリさんですが、インパクトが強いぶん周りからは批判が多かったみたいです。

それでも批判にも負けなかった彼女のポリシーはどんなものだったのでしょうか?

ソフィア・ハジパンテリ|批判に負けなかった彼女のポリシーは?

モデルとしては異彩な印象のあるソフィアさんの眉毛は、ソーシャルメディアで攻撃されることが多かったようです。

しかし、そんな攻撃も彼女には逆に奮起させる材料になっていたようで『#unibrowmovement (一本眉運動)』というハッシュタグの発信を開始しました。

『メイクやヘアカラーや体の一部が普通でないと批判しても、私は私。誰に何を言われようとそれを止めるつもりはない』と自身のマインドを発信し、

また眉をファッションやメイクに合わせてカラーリングするなどオシャレを楽しむことに対しても『私は楽しいからメイクをするし、好きだからユニブロウをしているの』ときちんと自分自身がやりたい事として貫いています。

世間から批判されるからやめよう。ではなく、自分がそうやりたいからと貫く姿勢はとても良いですよね。

もちろん彼女自身も当初、自分の眉毛に対してコンプレックスは持っていたようです。

しかしブロンドだった眉を黒く染めたときに、兄弟から『似合ってる』と褒められたことで、自分の眉に自信を持てるようになったと米のファッション誌のインタビューに語っています。

コンプレックスを克服してそれを強みに変え、しかもそれが世界的に支持されるようになる・・・そこまでの道のりはけっして楽ではなかったはずです。

カネボウCM2020に出演|ソフィア・ハジパンテリの美貌をインスタで確認!

カネボウの2020CMでしか見たことがないという方も多くいると思うのでソフィア・ハジパンテリさんのインスタから彼女の「個性的な美貌」を見ていきましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Why am I so annoying that I miss being brunette

Sophia ☠️🧿🇨🇾(@sophiahadjipanteli)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shininggggg – thanks for the amazzzzing din din @xr.london

Sophia ☠️🧿🇨🇾(@sophiahadjipanteli)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cover story for @facticemagazine by the angel herself @_saskialawson out now ❤️ thank you 🙏🏼

Sophia ☠️🧿🇨🇾(@sophiahadjipanteli)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

Awwww oldie 🧸🎈

Sophia ☠️🧿🇨🇾(@sophiahadjipanteli)がシェアした投稿 –

 

終わりに 自分らしさを貫くソフィアさん

ということで『カネボウCM2020眉毛の繋がった女性は誰?実は世界的なモデル!』と題してアメリカのモデルであるソフィア・ハジパンテリさんをご紹介してきました。

パッと見、太い眉がとても印象に残るソフィア・ハジパンテリさん。

目立ちすぎるが故に世間から批判されることもあるのに対して、世間からの批判に負けず自分の価値観や自分自身のポリシーをしっかり持って活動していくソフィアさん、今後もアメリカ内外で広く活動していってほしいですね。

そしてソフィアさんのようにコンプレックスに感じるようなことを、自分の個性であり自分が好きになれるようになりたいものですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。