ドラマ

ボイス|森下葵(あおい)役の女優は誰?森下栞の拉致された妹!

妻を殺された敏腕刑事、ハマの狂犬とも呼ばれる樋口彰吾(唐沢寿明)と、父を殺された声紋分析官・橘ひかり(真木よう子)の二人を主人公に展開する日本テレビの土曜ドラマ『ボイス110 緊急司令室』

第1話から好調な滑り出しで、視聴率は12.6%をマーク。究極のタイムリミットドラマというだけあって、視聴者を引きこむパワーはかなりのものがあります。

この記事では『ボイス|森下葵(あおい)役の女優は誰?拉致された森下栞の妹!』と題して、このドラマで登場する森下葵を演じる女優さんにスポットをあてていきたいと思います!

では行ってみましょう!

ボイス|森下葵(あおい)役の女優は誰?

土曜ドラマ『ボイス』で県警に勤務する森下栞(しおり)の妹が拉致されてしまいますが、その妹役を演じているのは、矢作穂香さんです。

矢作穂香のプロフィールは?

名前:矢作穂香(やはぎ・ほのか)※本名
旧芸名:未来穂香(みき・ほのか)
生年月日:1997年3月7日
出身地:千葉県
身長:155cm
血液型:B型
趣味:映画鑑賞、お菓子づくり
特技:英会話、クラシック・バレエ
所属事務所:研音

2008年、彼女が小学6年生のときに、家族で行った遊園地でスカウトされる、という珍しい?きっかけで芸能界デビューしています。2009年からファッション雑誌『ラブベリー』の専属モデルとして正式にデビューしました。(いちばん右ですね)

2010年3月には、テレビドラマ『夢の見つけ方教えたる2』で女優デビュー。そして11月公開の映画『マリア様がみてる』で波瑠と共演する主演級の扱いで福沢祐美役に抜擢されました。

アメリカ留学 未来穂香から矢作穂香へ

もともとはエヴァーグリーン・エンタテイメントに所属していましたが2014年8月末に退社。

2015年10月からニューヨークに留学し、2016年3月に帰国し、女優業へ復帰。大林宣彦監督『花筐・HANAGATAMI』に出演。これまで使っていた未来穂香から、本名の矢作穂香へと芸名を変えることになります。

現在は大手事務所の「研音」に所属しています。

矢作穂香のインスタ!可愛いけど目が怖い?

矢作穂香さんのインスタから画像をいくつかピックアップしてみました!キレイ、かわいい、というコメントももちろん多いですが、あまりの目ぱっちりの表情だけに(それが魅力ですが)、目が怖い、目がすごい、というコメントも多いですね(笑)。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Beautiful hair目指して….✨☺︎

矢作 穂香さん(@honoka_yahagi)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pizza🍴 #NYの思い出 #SOHO #BigなPizzaです #これで一人前

矢作 穂香さん(@honoka_yahagi)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

本日「僕の初恋をキミに捧ぐ」第6話、23:15から放送です🥰 是非、ご覧ください💕✨ #僕の初恋をキミに捧ぐ #僕キミ

矢作 穂香さん(@honoka_yahagi)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

😏

矢作 穂香さん(@honoka_yahagi)がシェアした投稿 –

確かに「目ぢから」すごいですよね。