話題・ニュース

フリーランス自営業支援・給付金の条件・金額・手続きは?新型コロナ

新型コロナウィルスに対応する<緊急事態宣言>発令で仕事が減ったり、プロジェクトが止まったりと、フリーランス個人事業主には厳しい状況が続きそうですね。

緊急事態宣言とあわせて、政府は「緊急経済対策」を発表。フリーランス・個人事業主にも支援給付金の支給が盛り込まれていますが、具体的にはどんな内容で、どんな条件や金額になるのでしょうか。さまざまなソースから調査してみました。

※あくまでTOKYO SCOPEの独自調査によるまとめです。正式には経済産業省ホームページや各金融機関などでご確認ください。

フリーランス・自営業・個人事業主支援・給付金、その内容は?

給付金制度の条件・金額はいくら?

まず、緊急経済対策で発表されている支援策の中で、フリーランスがいちばん気になるのは「給付金制度」でしょう。「お金がもらえる」制度ということです。

現在発表されている内容では

事業収入が前年度から大幅に急減した中小企業やフリーランスを含む個人事業主向けに新たな給付金制度を創設

と表現され、以下の条件と金額が発表されています。

【条件】売上が前年の同月比で50%以上減少した場合

【金額】中堅・中小企業で 最大200万円

    フリーランス・個人事業主で 最大100万円

対象になるのは資本金が10億円未満のすべての企業、フリーランス、個人事業主。この給付金の使途、つまり使い道は自由です。「売上が半減」とありますが、これは売上高ベース、つまり経費などを差し引く前の売上金額が基準になるようです。

給付金の申請方法は?

この給付金を受け取る方法も気になるところ。どのように「売上が半減」を証明し、申請するか、まだ詳しいプロセスは発表されていませんが、現在のところ、個人事業主やフリーランスの場合、「青色申告」で提出する「売上台帳」「現金出納帳」の提出で証明することになりそうです。

申請方法はオンラインが中心で、証明書類をネットを通じて送って申請というこということになりそうです。

給付金の申請はいつできる?

給付金制度の創設は発表されましたが、これがいつから給付されるかについて、細かな時期は未定です(4月8日現在)。これは申請・給付システムをこれから構築するためで、支給のスタートは5月中といわれています。

 

今後の詳細な申請方法の発表に期待

(筆者もそうですが)フリーランスや個人事業主にとって、今回の新型コロナウィルスの影響、そして企業活動を抑えざるをえない緊急事態宣言はかなりの痛手になります。

多くの仕事やプロジェクトが中止または延期になったり、クライアントの担当者がテレワークになることで仕事の進み方が遅くなり、そのぶん納期が遅れて集金が難しくなったりと、悪影響ばかり。だからこそ、資金繰り対策は早めの対応が求められるところ。できるだけ早期に給付の仕組みを構築し、困っている事業者が行き詰まらないようにしてほしいものですね。

新しい情報が入り次第、また更新いたします!