CM

BBIQビビックCM2019の歌手(バンド)は誰?気になる曲名も

阿部寛さんがお父さん役で出演する<QTnet>のCM「BBIQ(ビビック)家の人々」篇、もうご覧になりましたか?

めっちゃ早いBBIQのWi-fiがある家に帰れば、見たい動画もサクサク見られるということで、途中邪魔されながらも猛スピードで帰宅していく親子。

この疾走するような映像にぴったりなアップテンポの曲が流れていますが、この歌手(グループ)が誰なのか、そして曲名や歌詞は??と話題になっています。

ということで『BBIQ(ビビック)CM2019の歌手(グループ)は誰?曲名は?』と題し、さっそく見ていきましょう!

QTnetのBBIQ(ビビック)CMソングの歌手(グループ)は誰?

QTnetのBBIQ(ビビック)のCMソングを歌い、最後にチラリと登場するグループは「ヤバイTシャツ屋さん」です。

この「ヤバイTシャツ屋さん」。もうご存じの方も多いとは思いますが、名前もヤバイですが、曲もかなりかっこよくてヤバイです。

まずは知らない方のためにプロフィールからご紹介しましょう!

ヤバイTシャツ屋さんのプロフィール

ヤバイTシャツ屋さん

出身地:大阪府河南町(かなんちょう)
略称:ヤバT(ヤバティー)

メンバー:3人
こやまたくや(本名:小山拓也・ボーカル・ギター)
生年月日:1992年10月23日

しばたありぼぼ(ボーカル・ベース)
生年月日:1994年3月31日

もりもともと(本名:森本啓太・ドラムス・コーラス)
生年月日:1993年10月19日

メジャーデビュー:2016年
所属事務所:BADASS
所属レーベル:ユニバーサルシグマ
(ユニバーサルミュージックグループ)

3人とも大阪芸術大学(大阪府河南町)の出身。こやまたくやさんが在学中に先輩の「今度、ヤバイTシャツ屋さん行きまーす」と発した言葉の語感が気に入って、この名前でバンドを組みたいと思ったというのが結成のきっかけだとか。

2012年、2013年と活動をするがうまくいかず、2014年に再び活動開始。ここで芽が出てなんとSUMMER SONIC TOKYOに出演し、徐々に人気が出始めると2015年には関西最大級の音楽コンテスト「eo Music Try 2015」でグランプリを獲得!2016年にメジャーデビューしました。

今回のCM曲のようなアップテンポの、いわゆるメロディック・ハードコア、曲のタッチとしてはコミックソングで、歌詞もPVのつくりもとびきりクールで、ときどきせつなくて、ときどきナンセンス、でも「そうそう!」「わかる!」と共感を誘うような・・・ともかく引きこまれます!

名曲はこちら!本人たちも登場します。

BBIQ(ビビック)CM2019のCMソングの曲名は?

曲名はズバリ

『無線LANばり便利』

もうガチです。そのままです。歌詞にも「Yeah ! 帰りたいWi-fiあるし〜」というところからして、このCMのために作った曲でしょう、と思いきや・・・

実はこの『無線LAN』は3年前にリリースした曲

だったのです!

2016年11月に発売されたアルバム『We love Tank-top』の中の収録曲。

こやまたくやさんの自宅で撮影されたという気楽なPVも作られて(メジャーレーベルです)、めっちゃリアルな歌詞で共感を呼びました。

サビが「LAN LAN…. 無線LAN 有線LANより便利」ってやっぱりヤバイですよね。好きです。

ヤバイTシャツ屋さん、今年の紅白狙う!

インディーズノリを残したまま、メジャーシーンを突っ走る「ヤバイTシャツ屋さん」。彼らの歌詞と曲の絶妙なカラミが続く限り、人気は上昇していくことでしょう。

2019年秋、ZEPPを中心に全国ツアーを敢行する彼らが目指すのは、ズバリ・・・

今年の紅白!

12月31日の予定は空けてあるそうです。2018年にはNHKフレッシャーズキャンペーンのコラボ曲として『案外わるないNHK。』を発表。媚び(コビ)も売ってあるということで、案外行っちゃうかもしれませんね。

おわりに 今後のヤバイTシャツ屋さんに注目!

ということで「QTnet BBIQビビック」のCM2019に起用された「ヤバイTシャツ屋さん」の曲『無線LANばり便利』をご紹介しました!

全盛時のGREEN DAYを彷彿をさせつつ、現代風に研ぎ澄まされて、しかもそこにめちゃクールで笑える歌詞が絡んでくるのでもう最高です。

今回過去曲が初めてCMに選ばれたということで本人たちもかなりおヨロコビの様子。ツイッターでも

と自らプロモートしています。

まだメジャーデビューから3年。ファンは若者だけでなく世代を超えて広がっていて、これからますます楽しみですね。紅白めざして頑張れ!ということで、応援で締めくくります。

では最後までご覧いただきありがとうございました!