おすすめスポット

花筏まだ間に合う?弘前公園さくらまつり2019・見どころも調査!

北上を続ける今年の桜前線はいよいよ青森県へ。

いま、東北地方でも桜の名所として有名な弘前公園が見頃を迎えています!!

そして、何よりもここ弘前公園の桜といえば、書籍『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』に選ばれ、近年ますます人気を集めている・・・

「外濠の花筏(はないかだ)」!


満開の桜から舞い降りた花びらがお濠を埋めつくし、「桜の絨毯」ともいわれる美しい光景は、まさに夢み心地です。

今年2019年の花筏はもう見頃を迎えていて、すでにメディアで全国に報じられていますが、「見たいー!でもまだ間に合うの!??」といった声がSNSなどで聞こえてくるので、緊急に調べてみました!

弘前公園の花筏(はないかだ)予想は4月30日頃まで!

弘前公園の桜はすでにおおむね満開を迎えていますが、
まだしばらく桜の美しい状態が見られそうです。

弘前公園の発表によれば、4月28日現在では、
弘前公園南側の青森地方裁判所弘前支部から
追手門にかけての外濠がすでに見頃を迎えているとの情報です。

追手門はこちら↓

そして、弘前公園東側にあたるローソン弘前公園前店の前に広がる外濠は、4月28日現在まだ水面に花びらが広がり始めたところ。

ここはこれからが見頃!!との情報です。ローソンの場所はこちら↓

これから行かれる方は、まずは弘前公園南側の追手門方面を見て、そこで見頃を過ぎていても、東側のローソン側へまわると見られる可能性があります!

そして弘前公園の桜といえば、この風景もよく知られていますね。


この赤く美しい太鼓橋は、弘前公園の西側にあたる「春陽橋」です。
この周辺の桜も絶景です。こちらも4月27日の段階で、満開の状態。

春陽橋はこちら↓

弘前さくらまつり2019の楽しみ方!基本情報は?

弘前さくらまつりは、今年は令和への改元の年ということで、
5月6日(月休)までと例年より1日だけ延長して開催されています。

桜のライトアップ

恒例のライトアップは、日没から23時までです。

いまの時期ですと、日没が18:30くらいですので、
そのあたりからライトアップが始まり、
夜8時を過ぎるころには上記の写真のような
桜と水辺の美しい夜景のハーモニーが楽しめます!

約200店の露店でにぎわいます

弘前公園では、5月6日までの毎日朝9:00〜21:00まで、
園内に約200店舗の露店が軒を連ね、
花見の方々を迎えます。

毎年、出店やアトラクションなど家族連れで大賑わいの様子!

桜に包まれるボートもぜひ

水辺から桜を愉しむなら、西濠のボートも人気です。
こちらは9:00〜17:00まで、1時間1,000円
救命胴衣をつけなくてはいけないのがちょっと・・・ですが、
これも自分の安全のためなので仕方ありません。

しかし美しい・・・・

 ツイッターで昨日(4月28日)の様子を確認!

いまこのあいだにも皆さんがツイッターでその美しさをアップされています。
その貴重な現地の様子をお届けしましょう!

まさにいまが見頃ですね!

一度は行ってみたい弘前公園の桜、そして花筏(はないかだ)。
4月30日くらいまではまだまだ間に合いそうですので、
ゴールデンウィークを利用してぜひトライしてみてください!

では、最後まで記事にお付き合いいただきありがとうございました!