おすすめスポット

【2019速報】目黒川の桜が開花!!いつ頃満開?見どころは?

 

東京都内の桜の名所でも、とても人気のある「目黒川沿いの桜」。春の陽気が訪れて、東京での開花宣言も出た3月21日、目黒川沿いの桜でも一部で開花を確認しました!

3月21日筆者撮影

 

川の両岸、約4kmにわたって続く約800本もの桜並木は、もうすぐやってくる満開の時にはまさに圧巻の風景に。花だけではなく、目黒川の流れが花びらで埋まる「花筏」の様子も「美しい!」の一言に尽きます。都心ではめずらしい川と桜の見事な調和は、お近くの方はぜひ見ておきたいところです。

 

目黒川の桜が開花!満開予想は3月29日!!

 

目黒区HPより

 

例年3月18日頃から23日頃、平均で3月26日頃と言われていますが、今年はおおむね平年並みか少し早く、3月21日には目黒川の桜の開花が確認されました!ここから約1週間をかけて満開になり、そこから約5日ほどで散り始め、目黒川の水面が桜の花びらでいっぱいになります。

2019年、満開の予想は3月29日とされていましたが、だいたい予想通りか少し早い28日頃には満開を迎えそうです。

つまり3月28日水曜日くらいからその週末、週明けにかけて、バッチリ満開の桜が見頃になるはず。東急田園都市線の池尻大橋駅からJR山手線の目黒駅付近にかけては、お花見の人々でいっぱいになること間違いありません。

目黒川の桜、お花見へのアクセスは?


目黒川の桜は、東急田園都市線「池尻大橋」駅から近い、首都高速渋谷線の高架下あたりからスタートして、中目黒駅周辺、目黒通りを通って、東急目黒線の高架下あたりまでの約4kmが目黒エリアとなっています。

そのさらに下流を行くと、JR五反田駅付近から東品川海上公園にかけての約3kmに約550本の桜が美しく咲き誇り、こちらは品川エリアと呼ばれています。

お花見に行くなら、どちらのエリアももちろん電車やバスなど公共交通機関がおすすめ!駐車場はかなり限られているので、車でのアクセスは困難です。

多くの人に知られている「目黒エリア」の桜は、

東急田園都市線「池尻大橋」駅から徒歩3分
東京メトロ日比谷線・東急東横線「中目黒」駅徒歩2分
JR山手線・東京メトロ南北・三田線・東急目黒線「目黒」駅徒歩5分くらい

のアクセスが便利です。ただしいちばん近い「中目黒」駅は、混雑ぶりが激しいことで有名。個人的なおすすめは「目黒」駅から少し歩いて行くコース。または東急東横線「代官山」駅から少し歩いて行くコースです。

 

目黒川桜まつりほか、イベントの日程は?

お花見の期間中は、さまざまなイベントが目黒川の近隣で開催されます。そぞろ歩きだけでも楽しいお花見ですが、夜のライトアップや屋台が出たりとまさにお祭りの様子で気分が盛り上がります。

<目黒川ライトアップ2019>
期間:3月23日(土)~4月10日(水)
時間:17時~21時
区間:皀樹橋(さいかちばし)~南部橋

<2019第33回中目黒桜まつり>
期間:4月7日(日)
時間:10時~17時
会場:目黒川合流点遊び場(中目黒駅から徒歩)

<2019第15回目黒イーストエリア桜まつり>
期間:4月6日(土)~7日(日)
時間:10時~19時
会場:田道公園・ふれあい場

目黒川の桜は、河岸でのいわゆる「席取り」はできません。基本的には散策するように沿道の桜を見て歩くもの。それでも飲食する人が多く、お花見シーズンは毎日のように大量のゴミが出て、地元の方々が掃除をしています。しかも沿道は住宅街が並ぶエリア。せっかくの楽しいお花見ですから、マナーを守って、ゴミは必ず持ち帰ったり、静かに美しい桜の季節を愉しみたいものですね。