話題・ニュース

これ以上近づかないで!パーソナルスペース パーソナルゾーンって何だろう

突然ですが、京都四条大橋の鴨川河べりの名物ってご存知ですか?

夏の風物詩河床!

ではなくて、カップルが等間隔を開け座っている風景のことです。

それはもう面白いくらい見事に等間隔で座ってますが、彼ら彼女達は特に意識して等間隔にしようとしているわけでなく本能的にそうなってしまっているという方が当てはまります。

それは何故でしょうか?

人は何故一定の距離を取りたがるのか?その理由について紹介したいと思います。

パーソナルスペースとは?

人間は無意識下でも自分の身体を中心として(一般的に)卵形の「縄張り」を張っています。

たとえば美術館に行き展示物を見ていたとします。

展示物を眺めていると、見ず知らずの人が展示物を見ながら近づいて来る場面を想像してみてください。

自分としてはまだ見ていたいですが、そのまま少しづつ距離が縮まって来て・・・ある一定の距離まで近づかれたら「圧迫感」を感じますよね

そして仕方なくその場を離れるという行動に移したくなるはずです。

そういう経験や思いを感じた方は多いのではないでしょうか

その圧迫感を感じる距離(範囲)が縄張りで、これをパーソナルスペース(パーソナルゾーン)と言います。ひとことで言うと心理的バリヤですね(ATフィールドとも言えます)

ただ、この縄張りは形あるものでなく精神的なものである為「変化」します。

パーソナルスペースの変化について

パーソナルスペースは目に見える物理的なバリケードではなく心理的バリヤであるが故に一定ではないことは先程述べさせていただきました。

それではどういう時に変化したり違いがでるのか?について触れていきたいと思います。

対象による変化

対象を人間とした場合、以下の様な関係性が成り立ちます。

・親しい相手・・「よく知っている」レベル 一般的には親兄弟や友人に該当します。勿論その中でも優劣があり、例えば友人でも単なるクラスメートや会社の同僚と親友や恋人などのパートナーという間柄では大きな違いがでます。当然パーソナルスペースは狭いです。

・知人レベル・・「知っている」レベル ここは他と比較し一番レベル幅(振り幅)が物凄く大きいゾーンです。まったく知らない相手ではなく「顔は見たことあるな」から「友達ではないけどよく知っている」とその人についての情報を多く持っている場合ではかなり違ってきます。一般的な状態では通常範囲を基準としてパーソナルスペースは少し狭くなります※補足説明:後述「心理状態」に付随することですが嫌いな相手ではパーソナルゾーンは最大化します。

・他人・・・「知らない人」はすべてです。街中を歩いていてすれ違う方を含め、これからクラスメートや同僚になる「初対面」の人も一旦はここに入ります。パーソナルスペースは通常範囲です。

単純に区分けをしたとすると上記のようになりますが、知人レベルの振り幅だけでなく、それぞれのゾーンはその時の自分の感情によっても範囲が変化します。

心理状態

自分自身のその時の体調含めた心理状態によりスペースは変わります。

・心理状態上昇・・「機嫌が良い」 良いことや嬉しいことがあったりすると、パーソナルスペースは縮小=範囲が狭くなります。例えばスポーツ観戦していてスーパープレーを見た時や優勝場面になると赤の他人なのにハイタッチしたり、時にはハグしたりしている場面を見たり経験したことがあるかと思います。またコンサート会場でハイになってたりすると同じく見ず知らずの人と肩を組み一緒に盛り上がったりします。

・普通・・「平常心」 特に気分が良くも悪くもない平常時では変化はしません

・心理状態低下・・「機嫌が悪い」 気分が落ち込んでいたり嫌なことがあると親しい相手であっても「構わないで欲しい」「そっとしといて!」となります。そのためパーソナルスペースは広くなります。

これらの関係性を表にすると以下のようになります。(これ以外の外部要因はこのあとで)

親しい相手 知人レベル 他人(知らない人)
心理状態上昇  (機嫌が良い) パーソナルスペースは気にならない 通常パーソナルスペースよりさらに縮小 通常パーソナルスペースより範囲縮小
心理状態普通  (平常心) 通常パーソナルスペースより範囲縮小 通常パーソナルスペースより少し縮小 通常パーソナルスペース
心理状態低下  (機嫌が悪い) パーソナルスペース拡大 パーソナルスペースさらに拡大 パーソナルスペース最大化

この表はあくまで「自分」を基準としてます。当然ながら相手が同じゾーンであるとは限りません

一番わかりやすい例は俳優やアイドルの「ファン」です。

自分自身は、相手のことを(公開範囲内として)かなり知っており、パーソナルスペースが0距離だと思っていても、相手側はまったく知らない他人なわけですから当然距離は離れてます。勿論相手が自分のファンと認識するとそこで知り合いゾーンに入り距離は変化しますが、それでも一般的には自分が思っている距離程近くではありません

名称の通り「パーソナル」であることを認識しておくのも重要なことです

 

環境要因について

心理状態だけでなく外部要因として、そのときにおかれている環境によっても変化します。

例えば混雑している車内やエレベーターと大きな会場で閑散としているとこにいる時では違ってきます。

混雑した車内では体が近い距離でも(限度はあるにせよ)我慢はできますが、閑散としているのに必要以上に近づかれると一気に不快や圧迫感を感じます。これは脳の方で外部環境を鑑みてある程度の判断をしているからです。(不快だが)「仕方ない」「我慢」という意識が働いているからです。これも人間の進化の過程における社会性の獲得と言えるかも知れません・・・

パーソナルスペースを理解し、人とのいい関係を!

どうだったでしょうか

パーソナルスペースについてある程度理解が深まったのであれば嬉しいです。

実際の対人関係において、この知識があるのと無いのではかなり優劣がついてきます。

特に営業や接客の現場では最近特に「心理学」が重要になって来ています。

パーソナルスペースにそれをはめると接客時の距離の取り方、初回アプローチの進入角度、接遇時におけるテーブルに座る位置が決まることがわかるかと思います。※例えば真正面に座る・相対するのはできるだけ避け、対角上に位置する等です。

勿論、そういう時だけでなく他人や友人との距離の取り方など社会生活においても相手のパーソナルスペースを壊さないよう気を配るなど応用は効きます。※いつもの距離なのに何か居心地が悪そうにしたり、じわじわと距離が離れたら「今日は何か嫌なことでもあったのかな」と(関係性によりますし単にトイレに行きたかっただけかも知れませんが・・)その時は余り接さない様にそっと距離を開け一人にしておいてあげるとか

2020年7月下旬現在 コロナはまだまだ終息せず、収束すら気配がありません・・・

現在は各自のパーソナルスペースは関係ないソーシャルデイスタンスが当たり前になっていて、今後も暫くは続くと思われます。

そういう環境下では狭いパーソナルスペースの出番は当面ありませんが、人と人の関係は距離だけで測れるものでも判断できるものでもありません

共に体調にはくれぐれも気をつけてこの厳しい時代を乗り越えていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。