話題・ニュース

お酒に強い 弱い それってどういうこと? ノンフラッシャーってどんな人

一般的に「私、お酒に強い(弱い)から」と言ったりしますがそれは真実でしょうか?

たとえば少し飲んだだけで顔が真っ赤になるけど、飲み続けていても意識・記憶もしっかりしている人もいれば、殆ど顔色は変わらないのに一定ラインを超えると急に人格が変わり、翌日その記憶を無くしている…という人もいます。

それらを掘り下げる為に、まずは医学的観点で見てみましょう

 

アルコールが体内に入ると

アルコールが体内に入ると胃で20%が吸収され、小腸上部で残り80%が素早く吸収されていきます。

吸収されたアルコールは、肝臓がフル稼働してアルコール濃度をかなり下げてから全身の臓器に流れていき、飲酒後血中濃度ピークは追加飲酒がなければ約30分から2時間後で、アルコール分解されることにより濃度は、ほぼ一直線に下がって行きます。

※完全分解の算出は少し複雑な計算方法なのでここでは記載しませんが、実際の速度は体重や肝臓機能等個体差によりかなりの違いが出ますのであくまで目安としてです。

仮に体重50kgの人が、ビール(アルコール度5%)350ml1本摂取した場合だと約2.5時間

もし同じ量をウィスキー(度数45%)で飲んでしまうと何と約23時間は掛かります。(ウィスキーを普通そんなに飲まないですが・・・)

酵素の働き

アルコール分解には一次代謝二次代謝がありますが、この働きで重要なのは「酵素」です。

・一次代謝

酵素によりアルコールが酸化され「アセトアルデヒト」という毒物に変えます。

このアセトアルデヒトという悪の権化が頭痛や動悸、顔を赤くする原因物質です。

 

・二次代謝

ここでアセトアルデヒドを無害な酢酸に変え最終的に二酸化炭素と水に分解されます。

この代謝時に活躍するのが、「アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)」という酵素です。

 

アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)は遺伝子により2種類に分けられます。

ALDH1(1型)ALDH2(2型)です。

 

アセトアルデヒドから酢酸への酸化で主に活躍するのが2型であるALDH2です。

ALDH2はアセトアルデヒトが低濃度でもがんがん働いてくれます。

つまり2型は乾杯の最初の一口目から全力で分解してくれているわけです。

それに対し1型であるALDH1はアセトアルデヒトが高濃度にならないと働いてくれません

※詳細は「ノンフラッシャーとは?」にて述べさせていただきます。

以上が一般的なアルコール摂取による医学的反応ですが、実際にはアルコールの吸収や分解には多くの要因が関係しています。

次はその観点で見ていきましょう

悪酔するのはどんな時?

悪酔いするのはどんな時でしょうか?

一気に酔いがまわり、気がついたら大きな失態を・・・記憶も・・ない・・では洒落になりませんよね

これはどういう時に起こりやすいのでしょう

1.空腹時

2.術(オペ)後

3.心理要因

 

1.空腹時

胃に殆ど何もない状態でアルコールを摂取すると、本来受け持つはずの20%吸収が行われずそのまま直球で小腸に流れ込んでいきます。

一種のアルコール洪水ですね

そうなるとアルコール吸収速度は当然早くなりますので「血中濃度」が急上昇します。

血中なのでそれが一気に脳に・・・で想像できますよね

これは強いお酒である程、更に加速されるとも言われてます。

だから空腹時強い酒を駆けつけ3杯なんてとんでもない!ということはお分かりいただけると思います。

 

2.術後

アルコール分解の主役である肝臓手術は当然としても、胃の一部切除等でも空腹時と同じくダイレクトに小腸に流れ込むことになります。

それ以前に、体にメスを入れ臓器の一部が切除されているのに飲酒するという時点で論外ですし、まぁ普通は術後に乾杯!とは考えないでしょうが自分の体です。大切に扱ってください。

 

3.心理要因

これが「やっかい」です。

人間は心理状態により免疫機能でさえも大きく影響するとも言われてます。

心理状態が体に影響を及ぼすことを証明する実験として、プラセボ効果というものがあります。

これは被験者に「この薬は物凄く効く薬」だと信じ込ませて単なる小麦粉等で作った偽薬を飲ませると本当に薬を飲んだ作用(影響)が出るというものです。

偽薬でさえそうなるわけですから、アルコール摂取時に多大なストレスを抱えているとそれはもう歯止めが効かなくなるのは目に見えてます。

失恋・仕事の失敗・上司や先輩に怒られた等々を「酒を飲んで憂さを晴らす」というのは良くないことはわかりますね

飲みたい気持ちは理解できますが、やはりアルコールに頼らずに好きなことに没頭したり、大声を出す(カラオケとか)、思いっきり汗をかく(スポーツ)、犬や猫を撫でる(慰めてもらう・・)等々で発散する様にしましょう

それではいい飲み方って?

いい(酔いにくい)飲み方とは?

悪酔いしない良い飲み方とはどういうものでしょうか

1.胃にモノを!

2.アルコール濃度に注意!

3.心理要因

 

1.胃にモノを!

空腹時は良くないということは理解していただいたと思います。つまりその逆を心掛ければいいだけです。

つまみや食事を取りながら飲酒するとアルコールが胃に留まる時間が長くなり吸収が遅くなります。結果、血中濃度も急激に上がらず低く抑えられるという仕組みです。

合わせて腸での吸収を遅らせるチーズや油類の食事やつまみをチョイスすればさらに効果があります。

但し、そういうものはアルコールとWで太りやすいのでそこはご注意を・・

 

2.アルコール濃度に注意!

ここで「あれ?悪酔い項目にちゃんぽんがないぞ!」と思われた方も居られるかもしれませんが、結論からするとちゃんぽん=多種類の酒を飲酒しても医学的にも化学的にも悪酔いはしません

「それなら何故そういうことが流布されたかというと「アジ変」することにより、ついつい酒量が増えて結果的にアルコール濃度が高くなり悪酔・・という罠にかかってしまった人が多かったので「ちゃんぽんすると悪酔いする」と言われる様になったみたいです。

悪酔いしない為には、アルコール濃度を高くしないことです。

それには

・一気に流し込まずおつまみや料理を取りながらゆっくりと飲む

・度数が低めのお酒や飲み方をチョイスする

・チェイサーを一緒に飲む

因みに「チェイサー」とは(お酒の)後を追う飲み物のことで別に水でなくともアルコールが入ってなければお茶でもコーヒーでもチェイサーになります。

3.心理要因

ここでも出ました「心理要因」

やはり記念日や良いことがあった時の祝酒、(ストレス多大ではなく)適度なストレス時に気分転換として飲むお酒は体の免疫反応が違いますから肝臓も全力で働いてくれるので、まず悪酔いしません

勿論上記1・2番は厳守することが前提です。

但し、「肝臓が正常」に働かねばなりませんのでいくら良いことがあったといっても寝不足や風邪などの体調不良時に飲酒はだめ!ですよ


 ノンフラッシャーとは?

お酒を飲んで発生する症状

顔が赤くなる フラフラする 頭痛 眠気などが起きることを「フラッシング反応」と言います。

逆に飲酒してもフラッシング反応が殆ど出ず、飲んでない時と見分けがつかない様な人のことを「ノンフラッシャー」と言います。

これにはアルコール分解で活躍する「アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)」が強く関わってます。

分解酵素には2種類あることは先にお伝えしましたが、それぞれ活性遺伝子の働きにより活性型 低活性型 非活性型の3タイプに区別されます。

アセトアルデヒトの分解に重要な役割を担っているALDH2にあてはめると以下になります。

1.活性型 酢酸への分解が早い、つまり処理速度が早い為フラッシャー症状が殆ど出ない

2.低活性型 酢酸への分解が非常に遅くフラッシャー症状が出る

3.非活性型 まったく分解できないので危険!

つまりノンフラッシャーとはALDH2 活性型を遺伝子として持っている人のことを指しているということになりますが、実はその中でも更に酵素遺伝子タイプにより更に3タイプに分けられます。

通常のフラッシャー反応の人は、低活性型遺伝子 そして、一口どころかちょっと舐めただけで動悸が起こり、顔どころか全身真っ赤になりフラフラする人は非活性型の遺伝子を持っているということです。

アセトアルデヒトが高濃度になって初めて重い腰を上げ働き出すALDH1も同じく3タイプに分けられますが、強く働く高活性型、ある程度働く活性型、分解が遅い低活性型と2型に比べ全く働かないタイプはなくそれぞれ一段上のタイプに分けられます。

遺伝学的には、この1型と2型の組み合わせにより下記9タイプに分けられます。

つまりこういうことです。

ALDH2
活性 低活性 非活性
ALDH1 高活性 高活性x活性 高活性x低活性 高活性x非活性
活性 活性x活性 活性x低活性 活性x非活性
低活性 低活性x活性 低活性x低活性 低下性x非活性

 

ノンフラッシャーに該当する人はALDH2型の活性遺伝子を持っている人のことなので即ち「高活性x活性」「活性x活性」「低活性x活性」の遺伝子タイプの方々ということになります。但し組み合わせが違うので見た目は同じでも中身は違います。

ここで冒頭の言葉を思い出してください。

いくら飲んでもまったく顔色も変わらない(ノンフラッシャー)なのに「一定ラインを超えると」急に人格が変わる・・

1型2型の分解酵素働きを踏まえれば答えが分かりましたよね

元々2型活性酵素を持っているので低濃度=最初からフルに働いてくれてノンフラッシャー状態であることに甘んじてそのままアルコールを追加飲酒し濃度をどんどん上げて行くと次の最後の砦1型が働き出します。

そこで高活性を持っていると全然そのままで、側から見ると「シラフ」でけろっとしていていつみても「酔ってない」ように見えます。

活性型だと少し饒舌になったり陽気になったり「ちょい酔い」の症状がでます。

しかし低活性型だと・・・・

最後の砦にアセトアルデヒトという悪玉が雪崩れ込んで来ているのに戦えない・・分解できないわけです。

だから一気に人格崩壊したり失敗をしてしまったりするわけです。

すぐに赤くなるけどお酒には強いという人は2型は低活性ですが1型が高活性ということで、同じく赤くなるけどある程度は飲めるという人は2型低活性で1型が活性ということになります。※正確な判断には遺伝子検査が必要です。

お酒に注意しなくては駄目なタイプの人とは?

タイプが判ったところで、飲酒について一番注意しないと駄目なタイプの人とは?どのタイプの人でしょうか

まず勿論アセトアルデヒト分解に一番重要な2型「非活性型」3タイプいづれも駄目です。お酒は避けてください。

ましてや1型も低活性だとするとそのまま毒を飲んでいるのと変わりません命に関わります。

訓練すれば強くなるということは無いのでSTOP飲酒!です。

次に気をつけねばならないのは2型「低活性」3タイプの方々ですが、特に2型1型とも低活性の場合は要注意です。

医学的に健康リスクが一番高いタイプですので飲酒には最大の注意を払った方がいいです。

それではノンフラッシャーである2型活性型の方は大丈夫か?というと勿論注意が必要です。

いくら飲んでも所謂「潰れない」ので際限なく飲んでしまい、結果多量のアルコールを摂取することが長年に渡り続いてしまいがちになるからです。

そうなると流石に沈黙の臓器である肝臓がやられます・・・

ノンフラッシャーで若い時には、ちょっと飲んだらすぐにトイレに行っていたのに、気がついたら最近は飲み終わるまで全然トイレに行ってない(全然行きたくならない)

若い時=全盛期から一緒に飲んでいる友人やパートナーから「最近お酒を飲むとちょっと顔が赤くなる様になったよね」と言われたら危険信号です。

肝臓が悲鳴を上げていると自覚し禁酒するか、せめて程々にする様にし定期的に肝機能チェックをしてください。アルコール依存症にもなりやすい危険性もあります。飲み方注意!

低活性型の人は、飲酒する習慣があれば「自分の限界」を知っている方が多いはずです。

潰れる=ストッパーがかかるので急に多量に飲む様な馬鹿な飲み方をせず、「いい飲み方」を心掛けれること必須であればお酒といい付き合いができます。

アルコール(エタノール)パッチテスト

お酒を飲まない方や20歳未満の方で、それぞれどのタイプであるかを知りたければアルコールパッチテストを行えば自己判断できます。

テスト方法

1.薬剤のついてないガーゼ付き絆創膏に市販の消毒用アルコールを2~3滴染み込ませる

2.上腕の内側(皮膚の柔らかい所)へ貼る

3.7分経過したら絆創膏を剥がし、数秒以内(5秒位)に皮膚の色を見る

4.剥がしてから更に10分後にもう一度肌の色を見る

3の時点で剥がしてすぐに赤くなる→「非活性型」お酒は避けてください

4まで経過し10分後に赤くなる→「低活性型」

10分経っても何も変わらない→「活性型」

※これで「ある程度」の判断はつきますが、9タイプのいづれかであるかまでは判りません

正確に知りたい場合には遺伝子検査を受けてください。

最後に

どうだったでしょうか

今までは簡単に「お酒に強い 弱い」ということを言っていたかと思いますが、これでまた視点が変わったりちょっとでも皆さんの健康意識を高めることにお役に立てれば幸いです。

全然飲めない非活性型でも「飲み会が大好き!」という人を多数知ってます。

飲み会の雰囲気や時は酔っ払っている人間を観察するのが面白いとか理由は様々です。

アルコール類は飲める人も飲めない人でも、楽しいフィールドにする力がある妙薬という面も否定できません

飲める方は「良い飲み方」を心掛けながら楽しく、飲めない方は絶対に無理強いしない相手と「酔い方の観察」をするつもりで楽しく飲み会に参加してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。