観る・buy・コト

酒を飲むなら一度は獺祭を!山本寛斎Ver|買いました

日本が世界に誇れる、モノ造りの一つとして日本酒があります。

肉料理 魚料理 中華 こってりにサッパリ どういう料理や素材でもオールマイティに合うと言っても過言ではないですよね。

と言っても、日本酒はピンからキリまで相当の幅があります。

たまたま合わない日本酒を飲み「うわキッツい!」「ツンっと鼻につく!」と思い込んでしまい、日本酒は嫌いという感想を持ってしまったという方に、是非一度は試していただきたいのが獺祭です。
※実は私がそうでした・・・

獺祭は、山口県岩国市にある旭酒造さんが、精魂込めて造っている日本酒です。

今回は、その獺祭について取り上げてみたいと思います。

獺祭とは

旭酒造さんのHPに掲載されている文言を読めば一目瞭然で、本当にお酒造りを楽しんで、そして真剣に取り組んでおられることがわかります。

そして酒に対する深い智見や見識がないと駄目!という、よくある敷居の高い酒造ではなくて、素人だろうと気にしません 楽しんで飲んでください。
という心遣いが読み取れます。
※誤解のない様に補足しておきますが、日本全国ほとんどの酒蔵さんが、真剣に取り組んでおられます。

旭酒造さんHPより引用

旭酒造HP

 

『旭酒造は酒造りが好きです。』

ともすれば一時のワインがそうだったように、
吟醸酒の世界も、通でなければわからないとか、
理解しづらいモノのように語られます。
絶対に違います。
真に美味しい酒は、
誰が飲んでも美味しいモノです。
旭酒造は真に美味しい酒を目指します。

 

 

その旭酒造さんが、精魂込めて造った日本酒が獺祭です。

何故 獺祭は飲みやすくて美味いのか

酒造りの工程の最初に、「磨き」というものがあります。

これは、原料となる米をその名の通り磨いていくのですが、当然早く精米するために乱暴に磨くと、米が割れてしまい使い物にならなくなります。
そのため、じっくりと時間を掛け磨くことになりますが、磨けば磨くほど原料が減ります。
商売的な目線でいうと、利益が圧縮されていくことになります。

つまり、磨けば磨くほど時間が掛かり、利益率も減るということです。
だからといって、とことん磨けば最高の酒が出来るのかというと、そういう単純なものでもありません

ぎりぎり米の最高の部分だけを残し、最大の旨味を導き出して酒を造る。という塩梅が必要なわけです。

そこの究極ラインの見極めが、(旭酒造さんの研究の結果)二割三分で、77%削ぎ落とす(磨き上げる)という結論に達し、有名な獺祭 純米大吟醸磨き二割三分が世に生まれました。

ちなみに、丁寧に77%磨き上げるために要する時間は、丸七日間
つまり168時間も掛かります。

当然その分、売価(卸値含めて)に反映させればいいのですが、獺祭のお勧めのもう一つの理由は、製品の質に対する価格が断然安い!という点にあります。

実は、この売価が安く商品が良いというものは、やっかいな人間に必ずと言っていい程、目をつけられます。

そう転売ヤーです。

獺祭も一時、一般人にはまったく手に入らずネット通販では、定価の5倍
へたすると10倍以上の値段で売られてました。

一時のマスクや、今なら任天堂スイッチなどの製品もそうですが、財力と時には組織力にモノを言わせ、販売されたら即買い占める→品薄になる(させる)→どうしても欲しい人が高いのに買ってしまう→さらに財力が増しもっと買い占める能力が高まる・・・あとは悪循環です。※そもそも買うからダメなんですが、転売屋とは別の、財力があって、欲しいければ金額は関係ないという層が・・・庶民にはいい迷惑!です。

旭酒造の社長さんも、これには頭を痛めておられました。

相手は『酒を愛する人間でなく単純に儲かるから』、買い占め転売している人間です。

獺祭のような繊細な商品を、劣悪な環境で管理し、杜撰な発送を繰り返した結果、「高い金額で買ったのに何?この味!」と、逆宣伝されることが多発したのです。

そこで社長が英断したのが、自社でも通販で売るということでした。
これには私を含め、獺祭ファンの(特に)庶民は大喝采でした!

即通販で購入させていただき心ゆくまで、しかも正しい値段=リーズナブルに、獺祭を楽しめる様になたったわけです。
※それでも人気商品は品切れになるので、随時サイトチェックは必要になります。

獺祭から外れますが、秋田の新政酒造新政(No.6シリーズ含めすべて・・)が、まさに過去の獺祭のようになってます。社長さん英断を・・・

獺祭の製品にはどういう種類があるの?

それでは、獺祭の製品を紹介したいと思います。

獺祭公式ストア参照

獺祭Store WEB店

獺祭を有名にした代表的な製品が 獺祭 純米大吟醸磨き二割三分です。
二割三分・・・つまり23% 77%も削られているということ!です。
(箱無)
180ml  1,529
300ml  2,266
720ml  5,390
1800ml 10,780

えっこんなに安いの?という言葉が思わずでる。
獺祭 純米大吟醸45 →  45%磨き この値段で55%削られてます。
(箱無)
180ml    440
300ml    688
720ml   1,650
1800ml 3,300

45にはスパークリングもあります。
獺祭 純米大吟醸スパークリング45
(箱無)
180ml   511
300ml  1,023
720ml  2,046

人気が高く、トータルバランスがいいと評判の
獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 →  39%磨き 61%削られてます。
(箱無)
180ml    682
300ml  1,061
720ml  2,541
1800ml  5,082

これらを見れば、相場感をご存知じゃなくても、安(やっす)!と思うのではないでしょうか?

ちなみに、獺祭で最高級品と言われるものが、獺祭 磨きその先へです。
磨き二割三分理論をふまえた上で、別のものとして名称の通り、二割三分を超えるものとして造られてます。やはり一度は飲んでみたいものです。(一度と言わず二度三度・・・)
獺祭 磨きその先へ
720ml   33,000
獺祭 磨きその先へ セット(磨き二割三分720mlとセット)
720ml    38,500

 

獺祭限定品

獺祭には、ここに紹介した製品だけでなく、他にも多数あります。

その中で特に人気があり、すぐに売り切れるのが限定品です。

今回限定品として販売されていたののが、おためしセット限定コラボパッケージ3種で、ファンには堪らない大変お得なものでした。

おためしセットは、二割三分 三割九分 純米大吟醸45の180mlが、各1本づつ入っている商品です。

本来は飲み比べ用の製品なんですが、結構なベテランの日本酒飲みの方々もよく買っている商品です。

デザインは山本寛斎Ver 隅研吾Ver 吉村作治Ver の3種で値段は2,838円です。

今回運良く、山本寛斎Verを手に入れることができましたので、一緒に購入した純米大吟醸 スパークリング45と共に紹介したいと思います。

純米大吟醸 スパークリング45

まずは注意書きをよく読んでおきます。

そうですねスパークリングは冷え冷えでないと!

スパークリングなんで当たり前ですが、振るのは厳禁です。
しかし、注意書きを見るとオリが下に溜まっているので(写真の下に白くぼんやりと写っている部分です)一度ゆっくりと反転させ、元に戻し混ぜてお飲みください。と書いてあります。

何故か緊張しながらも、慎重にゆっくりと混ぜスノードームの如くゆっくりと、優雅にオリが拡がり混ざっている様子を楽しんでから、プシュと開封(お約束もなく無事でした・・)

これ本当に日本酒!」というくらい、ぐぃと飲むと口の中に爽やかな風味が拡がり、花にもツンと来ません
そして、喉越しまでプチプチと弾けます。やはりお勧めは、食前酒として嗜んでいただくのがいいかと思います。

次に(おためしという履歴ではないですが、すいません・・)、いよいよおためしセットの出番です。

おためしセット 山本寛斎Ver

山本寛斎Verパッケージです。コロナ に苦しんでいる今、響く言葉ですね!


開封すると・・


裏はそれぞれの製品の説明


いよいよご対面

二割三分のみ裏ラベルが違います。


やはり飲み比べの楽しさは、それぞれの特徴を比較し楽しめる点にあると思います。
そういう意味では、別に初心者じゃなく、ベテランでも「おためし」を飲んでいいですよね?

※好みは人それぞれですので、あくまで一個人の感想として、読み飛ばしていただいて結構です。

純米大吟醸45
飲む前の薫りは、3種の中で一番強く感じます。もちろん(値段は近いですが)、安い日本酒によくある、ツンッとくる刺激臭に近いものではまったくなくて、柔らかく鼻を微かにくすぐる程度の匂いです。

味はしっかり目 しかし獺祭全てに通じる、甘いフルーティな口当たりは変わりません
日本酒を敬遠されていたかたで、まず入門用として飲んでいただいても問題なく、目から鱗が落ちるレベルと言えます。

磨き三割九分
飲む前の薫りは45より弱く、ほのかに香る程度です。味については流石!口当たりのまろやかさ 口中に拡がる薫り(飲む前に匂いを嗅ぎ 飲んで口の中から鼻に抜ける匂いを嗅ぎとってみてください。別物です)非常にバランスがいいです。
初めて、獺祭や日本酒を飲む方々なら目から鱗ベースでは間違いなく、5〜6枚は落ちることでしょう
獺祭の中で値段と味からもファンが多い製品であるのも頷けます。

磨き二割三分
飲む前の薫りは、3種の中で一番弱く(というより繊細に)感じます。違いは飲んだ時!
口に含むと一気に、といっても強くでなく柔らかく舌の周りを撫で回し、同時に口中全体へ繊細かつ、ふくよかな匂いが拡がります。
これが不思議なところで、飲む前の匂いと口に含んだ時では、逆転現象が(3種で比較すると)起きます。
飲んだ時の薫りは、一番強く感じることに驚きます。

アルコールを避けたほうがよい、酵素2型「非活性型」のかた以外で(下記参考記事です。ご興味あれば是非ご一読を)、日本酒嫌い!というかたがいたら、この磨き二割三分を究極兵器として是非飲ませてみてください。
きっと日本酒の概念が変わるはずです。目から鱗10枚は行きます・・

参考記事
お酒に強い 弱い それってどういうこと? ノンフラッシャーってどんな人

どうだったでしょうか?

獺祭を飲んだことがない。

もしくは、日本酒は前に飲んで駄目だった。という方は、一度はお試しいただきたいお酒です。

オールマイティーにあらゆる料理に合う!というものは、なかなかありません

だからこそ日本国内よりも、むしろ外国で、人気が急激に上がって来ているのだと思います。
無理強いはしないです、それこそ個人の趣味嗜好の自由です。

ただ、もし食わず嫌いで日本酒が嫌い!となっていたのなら、もったいないと思ったまでです。

一度きりの人生です。

美味しいお酒と料理を嗜んで、楽しく生きていくのが一番!ではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 



 

ABOUT ME
SG
多様性の現在、幅広い趣味嗜好のどこかにマッチするべく、役に立つことや知見をひろげることに少しでも貢献できる記事を目指し情報発信してます。 今後ともよろしくお願い致します!